スポンサーリンク

ツーバス(ツインペダル)のトリプルで怒涛の超絶フレーズ!

ツーバス

ツーバス(ツインペダル)のトリプルで怒涛の超絶フレーズ!

皆さん、こんにちは!
東京、千葉を中心にドラム講師をしている石原健人です。

今回は使い方によってフレーズに凄まじい破壊力インパクトを与えてくれるツーバス(ツインペダル)でのトリプルについてご紹介します!

トリプルの足順は「RLR」「RRL」といったものが多く、

逆足(左足)を使う頻度が低いため、

「ツインペダルを買ったばかり…」

「左足でバスドラムを踏むのが苦手…」

という人ツーバス(ツインペダル)初心者の方でも取り組みやすいエクササイズだと思うので是非とも挑戦してみて下さい!

↓の動画でも詳しく解説しているのでこの記事と併用してご覧になる事をおすすめします!

ツーバス (ツインペダル)使ったトリプル練習法 !

RLRでトリプルを踏んでみよう!

先ずは単発でスローテンポからツーバス(ツインペダル)を使いRLRの順にフットペダルを踏んでみましょう。

演奏時の注意点は、

足首はリラックスした状態をキープつつ、
脚の付け根(股関節)から太ももをを持ち上げて大きく「ドンドンドン」とRLRを踏みます。

スローテンポでのRLRに慣れてきたら徐々にテンポを上げていきましょう!

ハイテンポでのRLR(トリプル)のコツは、
右足のダブルの間に左足をタイミングよく加える要領で踏むとスムーズに「ドドドン」と演奏する事が可能です。

スローテンポからハイテンポ(ご自身が演奏可能な最速のテンポ)まで満遍なく練習をして、
どんなテンポのRLR(トリプル)でも踏めるようにしていきましょう!

RLRを使ったパターンに挑戦!

RLRに慣れてきたところで、

いざ、グルーブパターンにRLRを加えて演奏で使ってみましょう!

シンプルな8ビートのグルーブパターンにツーバス(ツインペダル)のRLR繰り返し踏んでいくというこちらのフレーズに挑戦しましょう。

このフレーズのコツは単発でRLRを踏む時のコツとは異なり、
右足の8部音符の連打にタイミング良く左足を加えるいう意識で演奏をすることです。

RLRを連続して踏む際に単発時のコツを意識して踏むとリズムが突っ込みがちになりますので、

右足で8分音符の連打をしっかりキープした上で、

あくまで左足は右足の補佐というような要領で演奏をするとスムーズなビートを叩くことが可能です!

十分に慣れてきたら上半身のグルーブパターンを変更して同様にRLRを繰り返し加えたものに挑戦してみましょう!

どちらともスローテンポから始めて徐々にテンポを上げていきましょう!

RLRを装飾音符として使ってみよう!

RLRを装飾音符の要領で素早く「ドドドン」と踏む事によって大きなインパクトと独特のグルーブを生み出します!

下記の譜面通りにシンプルな8ビートのグルーブパターンにRLRのトリプルを加えていきます。

コツはRLRの3発目が上半身のパターンとしっかり噛み合うように意識して演奏を行う事です!

このパターン並行して足の2打とスネアの1打で3連打を作り出すこちらのパターンにも挑戦してみましょう!

足の打数が減っている為、

こちらの方が簡単にプレイ出来るかと思います!

そして最後に2つを混ぜ合わせたようなこちらのパターンにも取り組んでいきましょう!

はじめは頭がこんがらがってしまい、

難しく感じるかと思いますが慣れてくれば非常に使いやすいのにも関わらずインパクトの強いフレーズとなっているので、

根気強く練習してみてください!

両足を使っている分、消費する筋力もかなり省エネでラクに演奏が出来るようになります!

RLRを使ったド派手なフレーズに挑戦!

折角RLRに慣れてきたので、

RLRを使った派手なフレーズを集めてみたので是非とも挑戦してみてください!

先ずは先程と同様にRLRを装飾音符の様に加えるこちらのフレーズになります。

足でのRLRのトリプルが加わることによって、

単なる16分音符の連打からよりお洒落なフレーズに早変わりします!

次にスネアとクラッシュジンバルの同時打ちと足のRLRで「タンドコドン タンドコドン」とゴリゴリと押していくこちらのパターンです。

腕をより大きく振ることによって見た目も華やかになるのでパワフルに叩ききれるよう練習していきましょう!

6連符を基本にタム移動と足のRLRを含んだフレーズになります!

手数の多さが故にタイミングがアバウトになってしまいがちのフレーズなので、

正確なタイミングで叩けるようにスローテンポから着実に練習していきましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?

ツーバス(ツインペダル)系のテクニック多くは十分に叩けるようになるまでかなりの時間が必要になります。

そんな中、今回ご紹介したRLRのトリプルはしっかり順を追って練習しさえすれば誰でも比較的早く成果が出るテクニックだと思います!

これを機にRLRを使ったフレーズを沢山マスターして、

ご自身のプレイスタイルに加えてみてください!

必ず皆さんのドラムライフを華やかにしてくれるはずですよ!

この記事を書いた人
石原 健人

高校時代にドラムと出会い、地元でのライブを中心にバンド活動を始める。その後、活動の拠点を東京へと移し「サウイフモノ」のドラマーとしてキャリアをスタートし、数多くのRADIO、LIVE等で活躍。現在はサポート活動、T.G.P.ドラムスクールでのドラム講師を中心に活動中。

石原 健人をフォローする

コメント