スポンサーリンク

必ず出来る足のダブル練習法!

ドラム

足のダブルは必ず出来る!

皆さん、こんにちは!

ドラムをプレイしていると必ずと言っていい程壁として立ちふさがり、テクニック向上の為には避けては通る事が出来ないフットワーク系テクニックの最初の難関である足のダブルについて踏み方コツをご紹介しようかと思います。

足のダブルにはじめて挑戦するという方や
「いくら練習しても踏めない!」
「ダブルと聞いただけで嫌になる…」
という人には必見の内容となりますので是非とも挑戦してみて下さい!

↓の動画でも詳しく解説しているのでこの記事と併用してご覧になる事をおすすめします!

【ドラムレッスン】足のダブルは必ず出来る!踏み方と練習法

 

いざ、ダブルを踏んでみよう!

足のダブルには様々な奏法が存在します。

アップダウン奏法
ダウンアップ奏法
スライド奏法
スウィベル奏法等、

ざっと挙げてもこれだけの奏法があります。
先ずはこれらの奏法の踏み方を1つずつご紹介しようかと思います!(慣れないうちはどれか1つに絞って練習を行うようにしましょう!)

アップダウン奏法 ダウンアップ奏法

先ずはアップダウン奏法から、
①カカトを上げてつま先でフットボードを踏み1打目をヒットさせます。

②そして1打目をヒットさせるとともに足を持ち上げてヒールアップ奏法の要領で足を自然に落として2打目を踏み込みます。

名前で勘付いた方もいらっしゃると思いますがダウンアップ奏法は、
①ヒールアップ奏法の要領で足を自然に落とし1打目をヒットさせます。

②そして1打目をヒットさせるとともに足を持ち上げてつま先で2打目を踏みます。

これらの奏法の最大の違いはアクセントの位置にあります。
なので1打目にアクセントがついたダブルが演奏で欲しい場合は1打目で足を落として踏むダウンアップ奏法を使い、
逆の場合は2打目を踏み込むアップダウン奏法を使うといった様な使い分けすると良いかと思います!

スライド奏法

スライド奏法足を手前から奥へスライドさせる動きでダブルを踏む奏法です。
具体的な踏み方は、
①足を手前(体側)に持ち上げてフットボードの手前を踏み1打目をヒットさせます。

②1打目をヒットさせるとともに足を奥(打面側)へ滑らせるようにスライドして、
そのまま足を落として2打目を踏みます。

この奏法は他の奏法と比べて断トツで取っつきやすい踏み方だと思うのではじめてダブルに挑戦するという人はこの奏法からマスターする事をオススメします!

スウィベル奏法

スウィベル奏法は足首を内側と外側に捻ると同時にカカトも内側と外側に振る事でダブルを踏むという奏法になります。
もっと詳しく解説をすると、
①足を持ち上げるとともに足首、カカトを内側に回転させて1打目をヒットさせます。

②1打目をヒットさせるとともに足首、カカトを外側に回転させて2打目をヒットするという奏法になります。

足の回転を利用する奏法となっているので慣れてくれば圧倒的なパワーやスピードを生み出す事が可能です。

ダブル習得へのコツ

各奏法の踏み方を解説したところで、
ダブルにはどの奏法で演奏をするにしても必ず必要なコツが存在します。
ここではどの踏み方にも共通して必要なコツを解説しようと思います。

フットボードの返りを利用する

ビーターを打面にぺたんと着けてから足を勢いよく離すとフットボードはご自身の体方向へ返ってきます。
このフットボードの返り(リバウンド)を利用しダブルの1打目を打面へヒットさせます。
リバウンドを利用する事によって高速でダブルを踏む時にも消耗する筋力を最小限に抑えることが出来てよりスムーズなダブルへと導くことが出来ます!

リバウンドを利用する際の注意点は、
右足に体重(重心)を乗せすぎない事です。
体重が乗っていると本来返ってくるはずであるリバウンドを潰してしまう事になり、
スムーズなダブルを踏む事が出来ません。

なのでダブルを踏む際の重心は、
体の中心または左側に置くようにしましょう!
(ツーバス、ツインペダルを演奏で使用する方は左足で踏むという事を考慮して重心は中心に置くようにしましょう!)

リラックス(脱力)を心がける

「これから速いダブルを踏まなきゃいけない!」と思うあまり、
無意識に足がガチガチ固まってしまっているという状態もダブルをスムーズに踏む妨げになってしまいます。

なので足首を中心に無駄な力を入れないようリラックスするという事も意識しましょう!

どうしても足が固まってしまうという人は意識を足の動作以外に向ける(重心や姿勢、フットボードのリバウンドなど)というのも効果的です。

最後に

いかがだったでしょうか?

ダブルは出来るようになるとメロコア、ハードコア系2ビートやゴスペルチョップスなどにも応用することが可能になり、

プレイスタイルの幅がグッと広がります!

はじめこそ感覚を掴むことが出来ずストレスが溜まるかもしれませんが、

「ダブルをスムーズに踏める人と自分の動きはどこが違うのか?」

という観点で自分の動きをよく観察してコツコツと練習に取り組んでいけば必ず踏めるようになるので根気強く挑戦してみてください!

習得した時はあなたの心強い武器になることは間違いありません!

この記事を書いた人
石原 健人

高校時代にドラムと出会い、地元でのライブを中心にバンド活動を始める。その後、活動の拠点を東京へと移し「サウイフモノ」のドラマーとしてキャリアをスタートし、数多くのRADIO、LIVE等で活躍。現在はサポート活動、T.G.P.ドラムスクールでのドラム講師を中心に活動中。

石原 健人をフォローする
ドラム
スポンサーリンク
Kent's Drum Blog

コメント