スポンサーリンク

初心者は必ずやるべき!ツーバス(ツインペダル)練習法と考え方!

未分類

初心者は必ずやるべき!ツーバス(ツインペダル)練習法と考え方!

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

「ツインペダルを買ったけど練習法がわからない!」
「予想以上に難しくてイメージ通りドコドコ出来ない!」
「挫折して部屋の片隅でツインペダルが埃かぶっている!」
などという理由で初心者の方の多くはツインペダルを難しいものだと感じているかと思います。

確かにツーバス(ツインペダル)系テクニックはマスターするまで時間がかかるものが多いジャンルではありますが初心者の方でも基礎的な動作や考え方から順を追って練習していけば着実に上達しますしツインペダルの本当の楽しさにも気づくはずです。

という事で今回は「ツインペダルを購入したばかりの初心者」の方や「過去に挫折してしまったけどもう1度チャレンジしたい!」という方には必ず実践してみて欲しい練習法やアイディアをご紹介します。

この記事でツーバス(ツインペダル)の基礎能力を高める事でより練習効率は上がりますし、
楽しみながらツインペダルと向き合っていけるかと思います。
是非とも最後まで参考にしてみて下さい!

それではレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】初心者は必ずやるべき!ツーバス(ツインペダル)練習法と考え方!

レッスン① 左足のフォームを固めるべし!

先ずは左足のフォーム(踏み方)から作っていきましょう!

左足は基本的にハイハットペダルを操作したり体重を乗せるという補助的な役割であることが多く右足と同様にフットペダルを踏みバスドラムを鳴らすのは思いの外難しい事です。

そんな左足を急に動かそうとしても思うように行かない事は当たり前です。

という事でジャンプの様な足首を大きく柔らかく使った足の動作ペダルが吸い付くようなイメージで踏む事が出来る様に練習していきましょう!


この動作は様々なテクニックへ繋がる非常に重要なものでアンクル奏法スウィベル奏法ダブルストロークなんかもこの動作が土台となり習得出来るテクニックになります。

踏み終わりで太ももがぶるんと揺れるぐらいリラックスしてこの動作が出来れば100点です!

十分に慣れてきたら縄跳びを飛ぶような要領で連続してこの動作が出来る様に練習していきましょう。
リラックス出来ていないと踏み始めてすぐに脹脛や太もも、股関節に疲労を感じる事になるのでラクに長時間踏み続ける事が出来る様になるのが目標です。

この動作が完全に身につけばペダル上ではない床でドンドンと踏む時もペダルがあるかのようなイメージを持ちながら踏む事が出来るようになるのでこのイメージがないまま床を踏んでいた時とは一見動作こそ同じように見えますが内容は全く異なります。

ここまで出来る様になれば基礎の基礎は完成です。
空手で言えば「正拳突き」、ボクシングで言えば「ジャブ」が出来る様になったというイメージだと分かりやすいですかね?

細かくご自身のフォームを研究していつ何時もこの「ジャンプの様な足首を大きく柔らかく使った足の動作にペダルが吸い付くような動作」が出来る様にしていきましょう!

レッスン② ドラムパターンに挑戦!

さて、ここからは両足を使ってドコドコと連打に挑戦していきます!
ツインペダルの連打が苦手な人の多くはそのテンポに対してのイメージが出来ていないまま演奏に入ってしまい「踏みはじめがぐちゃぐちゃになり連打が止まってしまう」もしくは「正確に連打が出来ているのかわからない」という事に陥りがちです。

なので先ずは床上で正確にドコドコと連打が出来る様になってしまいましょう!
僕がおすすめする練習法は声に出して「ドコドコ」と歌いイメージを掴んでから歌に合わせて足を動作させていくというものです。

足や手での連打は音と音の間が短くなったり長くなったりしてしまいがちですが歌は何方でも正確に歌うことが出来ます。
「ドコドコと歌いたいのにどうしてもドッコドッコになっちゃう!」なんていう人はいないですよね!
そんな人はひょうきん者か余程のかまってちゃんだと思います。

この練習で正確な連打の感覚が十分に身に付いてからドラムセットでの練習に取り組むとスムーズかつ少ないストレスでフットペダルを使った連打に入れるかと思います。

もちろん実際のドラムセットでの練習でも「ドコドコ」と口ずさみながら踏んでいくと分かりやすいです!

ある程度、足での連打に慣れてきたら手でのパターンを加えてツインペダルのドコドコを使ったドラムパターンを完成させましょう。
足のみで連打を練習した時は歌に合わせてドコドコと踏んでいきました。
今回は「歌」に当たる部分が右手での4分音符もしくは8分音符の刻みになります。

練習の流れとしては、
①4分音符もしくは8分音符でハイハットかライドシンバルを刻みながら先程と同様に「ドコドコ」と正確に歌いイメージを固めます。
②イメージ通りにドコドコと連打を加えて右手と両足のパターンを完成させます。
③右手+両足のドコドコと言うパターンに十分に慣れた状態で適切なタイミングで左手でのスネアを加えてドラムパターン全体を完成させる。
という流れになります。

当分の間はこの練習をご自身が無理なく演奏する事が出来るスローテンポで繰り返し、
いつ何時もこのパターンが瞬時に再現出来る様になるまで体に刷り込んでいきましょう!

ここまで出来る様になればモーションを小さくすることでテンポUPも望めますしツインペダルを使った練習が楽しくなってるかと思います。

コツコツと練習を積み重ねる事で誰でも必ず出来る様になるかと思うので理想のドラマーの映像を見る等をしてモチベーションを高く保ちながら練習に取り組んでいきましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?
この記事でご紹介した内容はツーバス(ツインペダル)系テクニックを自在にコントロールするための基礎の基礎に当たります。
基礎練習なので決して楽しい練習ではないかもしれませんが、
出来る様になった人と途中で諦めてしまった人とでは後の成長に雲泥の差が出ます。

ツインペダルの楽しさはある程度踏めるようになった先に訪れるので、
折角買ったツインペダルを最大限に生かす為にも本動画内でご紹介した練習法やアイディアを是非とも日々の練習に取り入れてみて下さい!

未分類
スポンサーリンク
Kent's Drum Blog

コメント