スポンサーリンク

これさえやれば大体OK!ツーバス(ツインペダル)テクニック別練習法!

ツーバス

登場頻度の高いツーバス(ツインペダル)系フレーズを攻略

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

近年、メタル曲に限らずロックやポップス、アニソンなんかでも使われることが多くなったツーバス(ツインペダル)系テクニック。
今やツーバス(ツインペダル)を使ったドラムフレーズに関する情報は世の中に溢れかえっています。

情報が多いが故に「どんな練習をすれば良いのかわからない!」「今やっている練習は効果があるのか不安」という方も多いはずです。

という事で今回はツーバス(ツインペダル)フレーズ頻出テクニックを絞り、
そのテクニック習得に効果的な練習用エクササイズをいくつかご紹介します。

デイリートレーニングとして習慣化させてもいいですし、
バンド練習前のウォーミングアップとして利用しても非常に使いやすいものとなっているので是非とも最後まで挑戦してみて下さい!

それではレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】これさえやれば、ツーバス(ツインペダル)が踏める!テクニック別練習法!

圧倒的な頻出率!ショートサイズの連打を使ったフレーズ

ツーバス(ツインペダル)を使ったドラムフレーズで圧倒的な頻度で登場するテクニックが2連打や3連打、4連打といった短いサイズの連打です。

特に右手→左手→右足→左足の順で構成されるRLKKフレーズや右手→左手→右手→左手→右足→左足の順で構成されるRLRLKKフレーズは大サビ前などの音数が多い場面では結構な確率で登場するドラムフレーズだと思います。

この2つは僕が知るだけでもONE OK ROCKやUVERWORLD、ラルクアンシエルなど挙げだしたらキリがないぐらい多くのバンドのドラマーが楽曲内に採用しているフレーズなのでもはや習得必須のパターンと言っても良いでしょう!

2連打程ではありませんが3連打や4連打もジャンルを問わずビートやフィルインで使われる事が多いのでマスターしておく価値ありです。

そんな短いサイズの連打を効率的に練習する事が出来るエクササイズがコチラ!

1小節目から解説をしていくと1拍目は手によるスネアの16分音符の4連打からスタートして2拍目は足によるバスドラムの16分音符の4連打で3、4拍目は先程お話したスネアとバスドラムによるRLKKのパターンです。
2小節目は1、2拍目が4連打から3連打へ変更されたものになります。

このエクササイズは足による2連打から4連打を効率的に強化する事が出来るので繰り返し練習して精度やスピードを高めていく事をおすすめします。
慣れない内は1小節目と2小節目を分けて練習していき十分に演奏出来る様になってきたら繋げて演奏が出来るよう練習していくと初期ストレスを最小限に抑えつつ練習に取り組めるかと思います。

スネアからその他の太鼓へ手でのパターンを移動させるだけで破壊力抜群の怒涛のコンビネーションに早変わりするので手癖になるぐらい叩き込む事をおすすめします。

もちろんこのエクササイズの練度が上がれば2連打から4連打を使った様々なドラムフレーズを演奏する事が可能になるので基礎練習だと思って是非とも日々のトレーニングに取り入れてみて下さい!

メタルの王道!ロングサイズの連打攻略!

短いサイズの連打に比べたら登場する楽曲は限定されますが長いサイズの連打も外すことは出来ないテクニックの1つだと思います。

練習しはじめは確実に演奏する事が出来るテンポでの連打でウォーミングアップを行う事をおすすめします。
最初からご自身の限界のテンポでの連打から練習をスタートしてしまうと「失敗」や「故障」と隣り合わせの練習メニューになってしまいますし、思うように演奏する事が出来ない事から来るネガティブなイメージが先行してしまい練習のモチベーションが下がっていく原因になります。

なので無理なく長時間踏み続ける事が出来るテンポから練習をスタートして連打に対してポジティブなイメージを持ってからご自身のスピードの限界に挑戦していくといった練習メニューを組むと高いモチベーションを保ちながら日々の練習にチャレンジしていけるかと思います。

ツーバス(ツインペダル)の長いサイズの連打は踏み方やフォーム等の研究はもちろん長期的な練習をコツコツ行う事が求められる場合が多いので「高いモチベーションを保つ」というのは非常に重要な要素です。

ウォーミングアップで連打に対してポジティブなイメージが固まったらいざ、己の限界にチャレンジしていきます。
当チャンネルの動画内で連打に関して様々な練習法をご紹介してきましたが今回はスピードUPに特化したこちらの練習法になります。

右手でハイハットを4分音符でカウントしつつ
右足のみの連打、インターバル、左足のみの連打、インターバル、オルタネートの連打、インターバルという順で進行していく練習用エクササイズになります。

「インターバル必要か?」と感じる方もいるかと思いますが、
インターバルを省いてしまうと各セクションの切り替え(特に左足の連打からオルタネートの連打の切り替え)が難しくスピードUPという1点に集中する事が出来ません。
只、コントロール力UPという点においては悪くない練習だと思うのでご自身の欲しいテクニックに合わせて練習メニューを使い分けると良いかと思います。

右足のみの連打と同じスピード感で左足のみの連打が出来る様に、
そして片足のみでの連打と同じスピード感でオルタネートの連打が出来る様に意識をしながら練習に取り組んでいきましょう!

仮に「練習曲に8小節間のBPM200の連打が登場してそのフレーズのクリアを目標としている」という方は、今表示している画像の様に徐々に音符の数を増やしていき8小節間の連打をクリアしていくという方向性の練習メニューの組み方もかなりおすすめです。

最後に

いかがでしょうか?
本日、ご紹介した内容をまとめると短いサイズの連打のスキルUPをこちらのエクササイズで行い、
長いサイズの連打のスキルUPは「確実に演奏する事が出来るテンポでの連打でウォーミングアップ」をしてからご紹介したエクササイズでスピードUPを目指していくといった感じです。

これらのエクササイズは決して1日、2日といったすぐに成果が上がるような練習用エクササイズではないかもしれませんが習慣化してコツコツと取り組んでいく事によって高い効果を発揮するものとなっているので是非とも日々のトレーニングに取り入れてみて下さい!

継続する事で後のドラミングが大きく変わる事は間違いないと思います!

コメント