スポンサーリンク

苦手の原因は〇〇〇〇だった⁉ツーバス(ツインペダル)連打の改善策!

ツーバス

ツーバス(ツインペダル)連打が苦手の原因は意外なところに⁉

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

人間誰しも苦手なものはあります。
それはドラムテクニックにおいても当然あてはまる事で「素早い動作が苦手」と感じる人もいれば「リズムキープが苦手」「譜面を読む事が苦手」という人もいるはずです。

今、この記事を読んでいるという事はツーバス(ツインペダル)に対して多かれ少なかれ苦手意識を持っているという方が多いのではないでしょうか?

この苦手意識というのは非常に厄介で、
苦手意識があるばかりにモチベーションの低下から練習を辞めてしまうという事も良くあります。

ツーバス(ツインペダル)系テクニックの多くは正しく理解して長期間に渡り練習を積み重ねさえすれば必ず出来る様になるので「苦手意識」のせいで習得のチャンスを逃してしまうというのは勿体ない事です。

という事で今回はツーバス(ツインペダル)に対する苦手意識の原因になりうる事についてお話しようかと思います。

それではレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】「出来ない」の正体はコレ!簡単ツーバス(ツインペダル)改善策!

苦手の原因: モニター環境について

ツーバス(ツインペダル)系テクニックを演奏するに当たってモニター環境と言うのは非常に重要です。

「モニターって何?」という人はこの記事内では「ご自身の出音の聴こえ方」ぐらいに捉えて貰えればとりあえず大丈夫です。

基本的にバスドラムは低音が出る楽器です。
なのであまり手を加えていないリハーサルスタジオに常設されている様な状態のバスドラムはスネアやシンバル類に比べて音抜けが良い楽器とは言えません。

ツインペダルを始めて練習した時に
「思ったよりもモコモコしててイメージ通りのバチバチの連打にならない!」
という感想を持った方も多いのではないでしょうか?

モコモコしているが故にまだツインペダルに慣れていない時は様々な音に埋もれてしまい正確さに欠けた連打になってしまうという事は良くあることです。

これはバンド練習時のみではなく個人練習時にも起こりうる事で、
クローズハイハットやライドシンバル等を使ったドラムパターンの場合は正確にご自身のバスドラムの連打をモニターする事は容易ですが、クラッシュシンバル等の倍音が長い楽器を使ったドラムパターンの場合は意外と聴きとりにくかったりします。

正確さのジャッジが難しくなるので自分では「かなり良い感じの連打が踏めた!」と思っていても実際に録画や録音をしてみると「全然ハマってないじゃん!」などと落胆するという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

スローテンポやミドルテンポ等の音量が比較的出しやすい連打であれば差ほど気にならないかもしれませんがハイテンポの連打ともなると音量を出すことは難しくシンバルの倍音に埋もれてしまう可能性は大いにあります。

ハイテンポでの連打をはじめからある程度の音量を出しつつ演奏する事は非常に難しい事です。
まだ精度に不安がある練習段階の内から音量を意識しすぎてハイテンポでの連打に励んでしまうと難易度が上がりすぎてしまい挫折の原因になります。

これは僕の考え方ですがBPM180以上のハイテンポでの連打はある程度クオリティが上がってきたら徐々に音量をUPさせていく事をおすすめします。

聴きとりにくさからくる力みも連打のクオリティを下げる原因です。
バスドラムが安心して聴きとれるモニター環境を作る事は演奏中のリラックスにも繋がります。

さて、モニターの重要性をお話したところでバスドラムの連打が聴き取り易くなるための方法やアイテムをご紹介します。

モニター環境の改善策

手軽にバスドラムの音をモニターしやすく方法をいくつか挙げると、
・バスドラムにマイクを立ててミキサー経由でモニターするという方法。
インパクトパッドを変更するという方法。
ドラムトリガーを導入するという方法。
などがあります。

マイクを立てるという方法はこちらからの準備が殆ど必要なくリハーサルスタジオのレンタルのみで出来るので手軽さで言えば1番かもしれません。
セッティングの手間こそありますが確実にモニターする事が可能なので試してみる事をおすすめします。

インパクトパッドを変更するという方法も手軽にモニターしやすくなる方法の1つです。
特にDANMARの金属製インパクトパッドは音色が激変するのでモニターのしやすさは格段に上がります。
アタック音がバチバチに出るので小さいストロークでの連打であったとして粒立ち良く音が出てくれます。

セッティングの手間も打面に張るだけなのでセッティング時間の短縮にも繋がり練習時間を伸ばすことが可能です。
只、このインパクトパッドは金属音が強めの音色なので好みが分かれるアイテムだと思います。

ビーターの材質を工夫してバスドラム本来の低音が出るよう研究してみたり、
あくまでも練習用だと割り切るようにしてみると良いかもしれません。

2000円から3000円程度で購入する事が可能なので、
お試し感覚で1度購入してみる事をおすすめします。

ドラムトリガーを導入するというアイディアもモニターのしやすさのUPに一役買ってくれることは間違いありません。
「トリガー」とはドラムに装着する事で振動を拾い信号に変換し「音源モジュール」に送る事で内蔵されいているサンプル音を鳴らすことが出来る仕組みのアイテムになります。

設定次第では小さなストロークで踏むだけでも大音量のサンプル音が出るので力むことなく正確に連打を踏む事に集中出来ます。
よってパフォーマンスの向上に繋がり肉体疲労の軽減にも繋がります。

一式揃えるとなるとそれなりの値段になりますが、
ライブでも十分に効果を発揮してくれるという事を考えれば購入する価値は大いにあるかと思います。

ネット上にトリガーを使った演奏動画は数多くアップされているので参考にしてみる事をおすすめします。

最後に

いかがだったでしょうか?
モニター環境が整っていれば演奏しやすさは格段に上がりますし、
無駄な力みがなくなり疲労感という面においても圧倒的な違いが出てきます。

今現在、「ツーバス(ツインペダル)系テクニックのクオリティに悩んでいる」「メンバーやお客さんに自分のイメージ通りの連打が届けられているかが不安」「常設のバスドラムの音色ではテンションが上がらない」という人は是非ともこの記事でご紹介した方法やアイテムを試してみて下さい!

練習効率やクオリティがグッと上がるかもしれませんよ!

コメント