スポンサーリンク

ツーバス(ツインペダル)強化!講師がオススメするメタルバンド!

ツーバス

青春時代を捧げた最強メタルバンド3選!

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

僕がメタルと出会ったのは中学時代。
音のヘヴィさや攻撃的な展開、超テクニカルなギターソロ、アタック感の強いベースそしてマシンガンのようなツーバスの連打、どれも今まで聴いてきた音楽にはなかったものばかりだったのでそこからメタルにドはまりしたことをよく覚えています!

中学時代の僕はバンドを組んでいたわけでもないのに急に髪を伸ばしはじめたり「レザージャケット」や「黒や赤のつなぎ」を欲しがりはじめたりと中二病を全開に患ってしまった何とも痛々しい少年でしたw

それから時間は流れ2020年現在、
様々なメタルバンドを聴き影響を受けコピーをしプレイスタイルに取り入れてきました。
今回は数あるメタルバンドの中から聴いて楽しく、ドラマー目線で見ても非常に勉強になるバンドを3つ程ピックアップしてご紹介します。

「普段メタルを聴かないという人」や「ツーバス(ツインペダル)をセッティングに取り入れるに伴いメタル曲を知っておきたい」という人でもハマりやすいと思うものばかりとなっているので是非とも最後までお付き合いください!

それではレッスンスタートです!

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】ツーバス(ツインペダル)強化!講師がオススメするメタルバンド!

DragonForce(ドラゴンフォース)

最初にご紹介するバンドはDragonForce(ドラゴンフォース)です。
メロディックスピードメタルといえばDragonForceだという方も多いのではないでしょうか?
とにかく速いですw

音数とスピード感は間違いなく群を抜いています。

はじめて聴いた時は早送りかと思ったぐらいです w

楽曲はメロディアスなものが多く、メタル初心者の方でも入りやすいバンドだと思います。
只、ドラムプレイをする上での難易度は全く初心者向けではありません。
むしろBPMが速く音数も多いのでかなりの難しい曲揃いのバンドです!
しかし、聴いていて気持ちいいスピード感、超エクストリームなギターソロ、バッチバチのツーバスは「オレもいつかこんな曲が叩ける様になりたい!」とモチベーションを上げてくれることは間違いありません!

DragonForceの代表曲である「Through The Fire And Flames」はアーケードゲームのドラムマニアにも入っている事でも有名です!
ゲームからDragonForceを知ったという人も多いのでないでしょうか?

DragonForce – Through the Fire and Flames (Official Video)

どの曲もはじめから原曲通りのBPMで演奏するのは難しいと思うのでアプリ等を使いテンポを下げて練習していくかクリックに合わせて徐々に目標のテンポへスピードUPさせていく様にするなど練習メニューの工夫をしながらコピーしていきましょう!

メタルのドラムパターンとしては非常にベーシックなものが多いのでスローテンポで練習するだけでもためになります!

Arch Enemy(アーチエネミー)

次にご紹介するバンドはArch Enemyです。
バンドの読み方はアーチエネミー派とアークエネミー派がいて僕もはじめて地元の先輩から教えてもらった時はアークエネミーとして紹介されたので
長い間アークエネミーと呼んでいましたがアーチエネミーの方が本来の発音に近いそうなので今はアーチエネミーと呼んでいます。
調べてみると日本のレーベルであるトイズファクトリーが日本での読みを当初アーク・エネミーと表記したのでアーチエネミーとアークエネミーの二種類の呼び方が存在しているそうです。

当時、メタルバンドと言えば厳つい兄ちゃんがやっているイメージがあったのでボーカルが女性だと知った時はめちゃくちゃビビりました。
元ボーカルのアンジェラ、現ボーカルのアリッサ共に容姿端麗でぱっと見こんな強烈なデスヴォイスが出せるなんて思いません。
聴いたことがない人はPVやライブ映像を見てみると驚くはずですよ!

僕自身、ドラマーである「ダニエル・アーランドソン」にはかなりの影響を受けました。
一切ブレることなく安定してかつ高速なドラミングは僕に刺さりまくりでした 笑

当初、僕は先輩に「Blood On Your Hands」「NEMESIS」の2曲を紹介されて「アーチエネミー」に入りました。

ARCH ENEMY – Nemesis (OFFICIAL VIDEO)

どちらとも「アーチエネミー」の代表曲なので興味がある人は是非とも聴いてみて下さい!
ちなみに僕が「アーチエネミー」で一番好きな曲は「The last Enemy」という曲です。
かなりの長時間に渡りツーバスを踏み続ける上に上半身のパターンは非常に多彩でこのパターンを作りだし涼しい顔で演奏しているダニエルは流石としか言いようがありません!

Arch Enemy – 02 The last Enemy

メロディックな曲構成なのでデスヴォイス、デスメタルに親しみがないという人でも入りやすいバンドだと思ます!
気になる人は是非とも聴いてみて下さい。

Slipknot(スリップノット)

最後にご紹介するバンドはSlipknot(スリップノット)です!
僕がメタルにハマるきっかけになったバンドでSlipknotの曲を演奏したい一心でツーバス(ツインペダル)ばかり練習するようになりました。
もともと少年漫画が好きでバトルシーンで良くある速すぎてパンチの残像が残る演出と元ドラマーであるジョーイジョーディソンの高速かつ音数が多いドラミングが重なりドラゴンボールの悟空の事が好きになるのと同じような感じでジョーイジョーディソンが好きになりました。
それに加えて顔もカッコいいというカリスマ感!
そして僕の中二病発症の現況でもありますw

Joey Jordison – The Master of the Drums


ジョーイジョーディソンの存在を知ってから長い時間が経過し、数多くのメタルバンドを聴いてきました未だに尊敬してやまないドラマーです。
余程の事がない限り僕の中で1位のドラマーであることは間違いないかと思います。

プレイスタイルの特徴は高速ブラストビートやバスドラムの連打が特徴で、
コピーに当たっての難易度は非常に高いです。
余程のメタル好きもしくはハイスピードドラミング好きじゃなければ「オレはここまで速くなくても良いかな~」と思ってしまうほどの楽曲が多く存在します!

Slipknot People=Shit Joey Jordison HQ ( joey solo drums )

好きが故にこのチャンネル内でもSlipknotについてのYouTube動画を数多くアップしてきました!
もしアップした動画内に皆さんの好きな曲があれば是非ともチェックしてみて下さい!

最後に

いかがだったでしょうか?
普段メタルを聴かないという方でも比較的入りやすく世界的にメジャーなバンドをご紹介させていただきました。
好きなバンド全てを取り上げていると膨大な時間になってしまいますのでw
今回は洋楽に絞ってご紹介しましたが次回この様な記事を作成する時は邦楽をメインにしても良いかなと思います!
もし皆さんのおすすめバンドがあれば是非とも教えてください!
個人的にメタルを聴くことはストレス発散にも繋がると思うので楽器を演奏しないという方でも聴いてみる事をおすすめします。

コメント