スポンサーリンク

実は簡単!?カッコいいツーバス(ツインペダル)系フレーズ

ツーバス

ツーバス(ツインペダル)はじめの一歩!基礎フレーズを叩きまくれ!

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出する機会が減り自宅で過ごすことが多くなっていますよね。
そんな今だからこそ新たな試みとしてツーバス(ツインペダル)に挑戦をしてみてはいかがでしょうか?
ツーバス(ツインペダル)を使ったドラムパターンやフィルインは音数が多くカッコいいものばかりで多くのドラムヒーロー達がセッティングに取り入れています。

只、ハードルが高いと感じている人も多く、
「ドラム初心者だしまだツインペダルは早いんじゃないか?」「左足でバスドラムを踏むとかまじ無理!」「単純に手数が多いから難しそう」等というイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな人には是非とも挑戦してもらいたい意外と簡単にプレイ出来てカッコいいツーバス(ツインペダル)を使ったフレーズをいくつかご紹介します。
譜面だけみると音符が詰まっているので難しそうに見えますが順を追って練習していけば短期間でのマスターも夢じゃないと思うので最後まで挑戦してみて下さい。

それではレッスンスタートです!

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】意外と簡単!?超カッコいいツーバス(ツインペダル)系フレーズ

足の2連打でお手軽に怒涛のドラムプレイ!

さて、もちろん例外はあるかと思いますがは基本的にドラムテクニックは手足ともにサイズが長くなればなるほど難易度が上がっていきます。
バスドラム4連打や8連打などであれば筋肉をフル活用したゴリ押しで出来てしまう事がありますが1分間連打を踏み続けなくてはいけなかったらどうでしょう?
中々ゴリ押しで演奏しきる事は難しいですよね。

もし演奏出来たとしても音量にムラがあったりと差ほどクオリティが高くない連打になってしまう事が多いです。

なのでツーバス(ツインペダル)初心者の方が最初から長いサイズの連打が使われたパターンに挑戦する事は非常にハードルが高いと言えるでしょう!
先ずは左右のペダルを使いバスドラムをヒットしつつドラムパターンを演奏する楽しさを知る方が長い目で見ると大切な事なのではないかと僕は思います。

という事で短いバスドラムの2連打を使ったドラムパターンをバシバシ演奏していきツーバス(ツインペダル)の楽しさを体感していきましょう。

こちらの譜面をご覧ください。

ツーバス(ツインペダル)経験者の人はほぼ100%知っているであろう手が2打、足が2打の順で演奏するこのパターンがこれからご紹介していくものの基本形になります。

単純に右手→左手→右足→左足の順に演奏するだけなのでゆっくりと着実に動作を体に染み込ませれば短時間の練習である程度のスピード感で出来る様になっていくと思います。

練習パッドもペダルも持っていないという人はエアドラムの様なイメージトレーニングでも十分に効果があるので試しにやってみて下さい。

基本形が十分に演奏出来る様になったら叩く太鼓を変更したり手順を変更するなどをして様々なフレーズを演奏していきましょう。
無理のないスローテンポから落ち着いて練習していけば必ず演奏出来る様になるはずです。

↓チャレンジフレーズ集

ここからは1拍半でひとまとまりのこの様な通称「1拍半フレーズ」に挑戦していきましょう!

手が2打、足が2打のパターンに加えて新たに手が4打、足が2打というパターン登場します。

「1拍半フレーズ」という事で拍のアタマが感じられにくいところがこのフレーズの難しいところです。
なので拍のアタマに当たる部分にチェックを入れるなど正確に「1拍半フレーズ」フィールを感じることが出来るような工夫をしつつ練習していくと良いと思います。

クリックを使って練習する事によって「拍のアタマと噛み合っている音符はどこか?」という事をより感じることが出来ると思います。

慣れてきてある程度のスピード感で演奏出来る様になればマシンガンのような怒涛のワンフレーズという引き出しを手に入れる事が出来るのでこれを機にマスターしてしまいましょう。

↓チャレンジフレーズ集

連打を敷き詰めたパターンを攻略!

折角、ツインペダルをセッティングに加えたんだからドコドコというバスドラムの連打を敷き詰めたドラムパターンが叩ける様になりたいと思う方もいらっしゃるはずです。

只、先程もお話ししましたがサイズが長くなると難易度は上がっていきます。
はじめからスピード感のあるテンポでの演奏はかなりハードルが高いので超スローテンポで手のパターンにバスドラムの連打を噛み合わせる感覚を掴んでいきましょう。

先ずはこちらの譜面をご覧ください。

 

手のパターンはベーシックな8ビートをキープしつつ足でバスドラムの連打を8分音符で踏み続けるというパターンになります。

右手によるハイハットの刻みとバスドラムの連打がフルユニゾンするように意識して演奏する様心がけると良いかと思います。
兎にも角にも慣れることが大切なのでこのパターンをもとにバスドラムを踏んで踏んで踏みまくりましょう!

十分に慣れた方はバスドラムの連打を8分音符から16分音符に変更したパターンにも挑戦していきましょう。

攻略のまでの工程は8分音符時と同様で手でのパターンとの噛み合いを意識しながら正確にこのドラムパターンを演奏するように心がけると効率的です。
とは言えどスピードが上がれば難易度は跳ね上がります。
「中々スピードUPしなくて悔しい!出来る様になりたい!」と1%でも思ったあなたはもう既にツインペダルから離れることが出来ません。
ここからはその悔しさをバネにコツコツと練習に取り組み長いスパンをかけて理想の連打を踏めるように頑張っていきましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?
ツーバス(ツインペダル)系テクニックに対しての導入部分は差ほど高レベルではないと分かってもらえればこの記事を作った甲斐があります。
これは全てのテクニックに共通して言えることだと思いますが「パワー」「スピード」「精度」等のクオリティが上がり合格のハードルが上がれば上がるほど
簡単ではなくなります。

しかし、最初の段階からプロレベルの演奏を目指してしまっては練習してもやりがいを感じられにくいですしドラムを叩くことが苦痛になってしまいます。
なので先ずは合格ラインを余裕を持ってクリア出来るレベルに設定して数多くのハードルを超え続ける事で自信を着けつつ楽しくドラムに向き合えるかと思います。

是非ともこの記事をツーバス(ツインペダル)のはじめの一歩に使ってみて下さい!

コメント