スポンサーリンク

中々スピードUP方しない人へ!ツーバス(ツインペダル)連打の注意点!

ツーバス

これだけはするな!ツーバス(ツインペダル)で気を付ける事!

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

ツーバス(ツインペダル)系テクニックに限った事ではありませんがドラムを演奏していると「やっちまった!」と思う瞬間ってありますよね!
特にライブ中でのアクシデントは冷や汗、大汗ものです。

どんなに優れたプロドラマー達にも必ず初心者時代があり多かれ少なかれ失敗を繰り返し今があるのだと思います。
僕自身、ツーバス(ツインペダル)に関しては恐らく人一倍失敗をしてきたのであの時間が止まるような恐ろしい感覚は身に染みて分かりますw

という事で今回はそんな失敗の数々をいくつかピックアップしてまとめました。
割とガチで落ち込んだ事からバカバカしいものまでありますので軽い気持ちで聞いてもらうぐらいが丁度良いかもしれません。
さて、前置きは程ほどにレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】あなたも当てはまる?失敗談から学ぶツーバス(ツインペダル)

失敗談① 右足と左足の音量がバラバラ

僕自身、中学時代にSlipknotに出会ってからツーバス(ツインペダル)系テクニックに興味が生まれ大好きになりました。

そのこともあり当時在籍していたバンドの楽曲内にもバスドラムの連打フレーズを多く取り入れていた事を思い出します。

しかし、好きとは言えど演奏出来たわけではなくツーバス(ツインペダル)系テクニック特に連打にはかなりの苦手意識があり連打のクオリティ次第で一喜一憂していました。
どちらかと言えば納得いかない時の方が多かったように思えますw

そんなライブを繰り返す中で「今日の出来はかなり良いのではないか!」という手応えを感じたライブがありました。
連打中の動作もストレスなく行う事も出来たのでさぞかしバチバチのサウンドが出ていたのだろうとウキウキで撮ってあったライブ映像を確認してみると「右足に比べて左足の音量が小さく16分音符の連打ではなく8分音符の連打に聞こえる」という何とも言えないクオリティでした。

「上手くいった!」と思ってた分かなり落ち込んだ事を覚えていますw

当時は今の様にリバウンドコントロール主体の奏法ではなく足踏みの感覚でバタバタと踏んでいたので足の動作量に対してビーターのふり幅がかなり小さくなっていました。特に左足は自分が思うよりも小さかったんだと思います。

当然ですがバスドラムの音量を出すためには大きなふり幅で打面にビーターをぶつける必要があり、
過剰に「踏まなきゃ!」と考える足踏みの様な奏法は打面とビーターの接触時間が長くなり振り幅が小さくなってしまいがちです。

動作にばかりとらわれて音をしっかり聴けていなかった事を反省してそれが奏法を見直すきっかけになりました。

結果としては良い方向へ進めたので良かったのかもしれませんが、
それからしばらくは連打恐怖症に陥ったので良い思い出ではありませんw

ライブなどでこの様な事が起こらないよう皆さんは日頃から練習を動画やレコーダーで撮ることを習慣づけて逐一ご自身の出音を確認するようにしましょう!
「連打中に右足に比べて左足の音量が小さい」という人は意外と多いです。

失敗談② セッティングの沼から抜け出せない

ツーバス(ツインペダル)系テクニックの練習が中々上手くいかないと「今のセッティングが良くないのではないか?」というセッティングの沼にハマってしまい中々抜け出せず練習がままならないという経験がある方はいらっしゃいませんか?

正しく僕自身セッティングの沼にハマっていた過去があります。
実体験をもとに結論をお話しするとあまりセッティングにはこだわらない方が良いです。
バスドラムの連打の精度が上がってくると既にコツを掴んでいるのでどんなセッティングでもある程度は踏む事が出来ます。
これまで長い事ツインペダルを踏んできましたが「これは最高のセッティングだ!」と心の底から思えた事は1度もありません。
「何となく良い感じかな♪」ぐらいの感覚でこれまでやってきたのであまりセッティングに完璧を求めない方が良いかと思います。

どうしてもセッティングが納得いかなくて夜も眠れないという人に個人的なアドバイスをお話しするとスプリングは無暗にいじらずビーターの長さと角度で踏み心地を変更する事をおすすめします。
もう既にスプリングをいじりまくっているという人はあまり強めに張りすぎない様にしましょう!

只、セッティングというのは個人差が大きく出るのであくまで参考程度にとらえて下さいw

失敗談③ ビーターがズボンの裾に入り込む

僕がバスドラム関連の失敗で後にも先にも1度きりであろう失敗談が、
ズボンの裾にビーターが入り込んでしまい音が出ないという事です。

「そんな事あり得るのかよ!」と思う人もいるかもしれませんが本当に起こりましたw
当時のステージ衣装の裾の幅が広かったと言えどそんな事が起こるだなんて1mmも想像していなかったのでめちゃくちゃ焦りました。
演奏中なので大きく崩れるわけにもいきませんしそういう時に限って中々裾の外にビーターが出てくれません。

外音を聴けたわけではないので100%とは言い切れませんが恐らくめちゃくちゃショボいサウンドがスピーカーからは出ていたんだと思いますw

それ以来、衣装を作る時はズボンの裾はタイトなものにするようになり今も演奏中はスキニーパンツばかり履いているのでその時のトラウマが強く残っているんだと思います。

この話をドラマーが集まった飲み会で話をしたら意外と同じ経験をしてる人が多かったのでもしかしたらこの記事を読んでいる皆さんの中にも同じ経験をした方がいるかもしれませんねw

ズボンの裾にはくれぐれも気を付けましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?
今となっては何てことない失敗談ですが当時は本気で悩みましたしへこみました。
しかし、そんな失敗談があったからこそ今の自分がある事も間違いありません。
失敗はメンタルがやられるので無責任に「沢山失敗しましょう!」とは言えませんが、
少なからず実際に肌で感じた失敗は100%成長に繋がります。
なのであまり悩みすぎずにいつか笑い話に出来る日が来るよう楽しみながら練習に取り組んでいきましょう!

コメント