スポンサーリンク

これ出来る?奇数連符でツーバス(ツインペダル)のレベルUP!

ツーバス

変態フレーズを演奏しよう!奇数連符で超絶ドラミング!

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

日々のツーバス(ツインペダル)系テクニックの練習が同じ練習ばかりで正直もう飽きてしまっているという方も多いのではないでしょうか?

練習のマンネリ化というのはいつもやる事が同じ事により考えなくなり、惰性で練習内容をこなしてしまう原因になります。
この状態ではもちろん得られるものはかなり少なくなり時間ばかりが経過してしまいます。

常により良い感覚で演奏が出来る様に意識する事が非常に大切なドラムの練習にとって「マンネリ化」はとても恐ろしい事です。

という事で今回は普段から練習を行っている人が多いであろう偶数連符の連打ではなく奇数連符での連打に挑戦してみましょう!
「3連符だったらイメージがつきやすい5連符や7連符はマニアックすぎるからオレはやらなくていいや!」と瞬時に感じた方もいるかと思いますがエクササイズ的に考えると5連符や七連符はツーバス(ツインペダル)のコントロール力UPに大きく役立ちます!
奇数連符を使ったエクササイズを行う事で日々行っている練習の精度が上がるという事もありますので是非とも最後までチャレンジしてみて下さい!

それではレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】これ出来る?奇数連符でツーバス(ツインペダル)のレベルUP!

奇数連符のド定番!3連符にチャレンジ!

先ずは3連符から奇数連符に挑戦していきましょう!
攻略の1stステップとしては頭と体に「3」のパルスを染み込ませる必要があります。
なので3連符に馴染みがないという人はクリックに合わせて3連符のリズムを歌いイメージ作りをするところから始めていきましょう!

やってみると「ドドド ドドド ドドド ドドド」と言った感じになります。
バスドラムをイメージした「ド」やスネアをイメージした「タ」等では歌いにくいという人は3連符を好きな言葉に当てはめて歌うとイメージがしやすくなります。
僕の場合、3連符は「トマト レタス トマト レタス」と歌う事が多いです。

イメージが固まったら実際にフットペダルを踏んで演奏していきましょう!
今回の手のパターン右手でハイハットを4分音符で刻み左手で2、4拍目にスネアを加えるというシンプルなフレーズとします。

奇数連符の特徴でオルタネートで踏み進めると拍ごとにスタートする足が右左入れ替わるので無暗にスピードを上げると訳が分からなくなってしまいます。
なので超々スローテンポから練習をスタートして徐々に体にバスドラムの3連符の連打の感覚を刷り込んでいきましょう!

3連符を使った実践向きパターンにチャレンジ!

3連符の連打はメタル曲には登場する頻度が高いので実践風パターンにも挑戦していきましょう!
こちらの譜面をご覧ください。

手のパターンは右手がハイハット、左手がスネアで3連符の連打を叩いて足で3連符のバスドラムの連打を踏んでいくというものです。
手と足がフルユニゾンして進行していくので手と足を噛み合わせる練習としても効果的です。
縦のラインに気を着けつつスローテンポから練習に取り組んでいきましょう!

↓縦のラインをしっかり意識!

このパターンに十分に慣れてきたら3拍目のバスドラムの連打の1、2発目を16分音符のに変更したこちらのパターンにも挑戦していきましょう!

16分音符が加わる事によって少し淡白だったものがより実践向きのパターンになったと思います。

ドラムセットを使って練習しはじめる前にバスドラムのリズムパターンのイメージをしっかりと固めるとスムーズに練習に入れるかと思います。
イメージの掴み方は先程もご紹介した実際に歌ってみる事をおすすめします。

歌ってみると「ドドド ドドド ドコドコド ドドド」と言った具合になります。
そのままご自身の楽曲やドラムソロとして使ってもカッコいいと思うので是非ともマスターしてみて下さい!

意外と気持ちいい!?5連符にチャレンジ!

次は5連符に挑戦していきましょう!
5連符ともなるといよいよ変態フレーズの雰囲気が漂ってきますよね。
しかし攻略の工程は3連符時と同じで先ずは「5」のパルスを頭と体に染み込ませていきます。

クリックに合わせて5連符のリズムを歌ってみると「ドドドドド ドドドドド」といった感じになります。
先程と同様に好きな言葉に当てはめて歌うと「いけぶくろ いけぶくろ いけぶくろ いけぶくろ」という感じです。

5連符というのは恐らく多くの人には馴染みのないリズムのはずなのでこの歌う事でのイメージ作りは非常に大切になります!
少し気を抜くと16分音符や6連符に寄った連打になってしまいがちなので集中力を切らさず練習に取り組んでいきましょう。

変態フレーズ臭が漂う7連符にチャレンジ!

さて、最後の奇数連符は7連符になります。

お察しの通り攻略の工程は3、5連符時と同様です!
中々楽曲内で使われるリズムではありませんが出来る様になればツーバス(ツインペダル)のコントロール力は飛躍的に上がるかと思います。
僕は7連符を歌う時は「なかのさかうえ なかのさかうえ~」もしくは自分の氏名が7文字という事もあり最初のころは「いしはらけんと いしはらけんと~」と唱えながら練習していましたが流石に恥ずかしいので今は「なかのさかうえ」を推していますw

一筋縄ではいきませんが継続的に練習する事で確実に「7」のパルスは染み込んでくるのであきらめずに練習し続けましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?
いつもとは違う練習メニューを行う事で気分転換をしながら練習に取り組む事が出来ます!
はじめての練習を行うという事は多くの集中力が必要となるので、いつもよりも時間の経過が速く感じるという人もいらっしゃるでしょう。
なので適度にいつもとは違う練習メニューを取り入れる事は非常に重要です。

しかし、日々の基礎練習を否定しているわけではありません。
同じ練習を行う事で動作の深みに触れることが出来て結果的にご自身の強固な技術となります。
僕自身、膨大な時間をバスドラムの16分音符の連打に当てました。
なので練習メニューのバランスを見ながら高いモチベーションを保つ事が出来る練習メニューを組んでいく様にしましょう!

コメント