スポンサーリンク

絶対踏みたいならコレ!ツーバス(ツインペダル)強化エクササイズ!

ツーバス

効果絶大!ツーバス(ツインペダル)練習用エクササイズ

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

この記事を読んでいる方の多くがツーバス(ツインペダル)系テクニックの精度を上げるために日々練習に励んでいるという方ばかりだと思います。
ツーバス(ツインペダル)系テクニックには踏み方や考え方と言った「攻略へのコツ」はあるもののイメージ通りにペダルをコントロールし自在に様々なフットワークを演奏中に繰り出すためにはどうしても長時間に渡る地味な基礎練習が必要不可欠です。

地道にひたすら連打を踏み続ける事でも当然クオリティは上がっていきますが恐ろしい忍耐力が問われることになります。

という事で今回は僕自身も実際に行っていたツーバス(ツインペダル)系テクニック向上に役立つ練習用エクササイズをご紹介します。

序盤は内容こそ簡単なものの「踏み方やフォーム作り」に役立ち、
中盤、終盤に差し掛かるにつれてレベルが上がっていくのでペダルのコントロール力UPやスピードUPが期待できるものになっています!

これからご紹介するエクササイズに慣れてしまえば個人練習前やバンド練習前などのルーティーンとしても使えるのでおすすめです!

さて、前置きも程ほどにレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】踏みたいなら絶対コレ!効果絶大ツーバス(ツインペダル)強化エクササイズ!

ツーバス(ツインペダル)強化エクササイズ 基礎編

先ずはこちらの譜面をご覧ください。

これからご紹介する手でのドラムパターンは全てこの様なシンプルな8ビートになります。

①、②、③ともに非常にシンプルなので演奏する事自体は何てことないかと思います。
しかし、ここでの目的はこれらのパターンを演奏する事ではなく高速かつ細かい足技を可能にするための「踏み方」や「フォーム」を研究し意識しながら演奏していく事にあります。

4分音符の1つ打ちがリラックスしてかつ大きく柔らかい動作でペダルを操作する事が出来なければ当然ハイテンポ時にリラックスして踏み続ける事は出来ません。
シンプルな1つ打ちやスローテンポでの連打は差ほど意識せずともクリア出来てしまうので軽視されがちですがここで踏み方やフォームを固めておく事は後のフットワーク向上に大きく関係してきます。

なので面倒くさがらずにこの様なシンプルなパターンを使い踏み方やフォームを研究して行きましょう!

フォームが十分に固まったら④、⑤、⑥のパターンにも挑戦していきましょう!

どれも基本的に右足リードで踏み進めて行くものなので連打の向上にも直結しやすいものばかりです。

④、⑤は右足の8分音符の連打に左足をピンポイントで加えていくという事を常に意識しながら練習に取り組むとより効果的です。
それぞれマスター出来れば組み合わせ次第でカッコいいブレイクダウン系フレーズにも早変わりするので焦らずじっくり練習していきましょう!

ツーバス(ツインペダル)強化エクササイズ 応用編

さて、ここからは①~⑥までのパターンを応用したものになります。

これまでと同様に基本的に右足リードで進行していくので右足の8分音符の連打を踏みつつ左足を正しく持ち上げて正確に加えていく能力を養う事が可能です。

当然スピード感のあるテンポで演奏出来る様になるまでには長期トレーニングが必要になりますが大変さに見合うリターンがあると僕は考えています!

焦りによる急激なスピードUPにより踏み方やフォームが崩れてしまっては元も子もないので無理なく演奏できるテンポからはじめて徐々にスピードUPして行きましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?
今回ご紹介したエクササイズ全てを自在に演奏出来る様になればツーバス(ツインペダル)のレベルは格段にUPしているはずです!
とは言えど多くの方がストレスなくトントン拍子に上達していくというのは難しいと考えています。
「どうしても練習が上手くいかない!」「出来ない事によってモチベーションが下がっている」という人は是非とも僕のレッスンに遊びに来てください。
この手の悩みは多く聞いてきたので皆さんのドラムスキル向上のお役に立てるかと思います!

コメント