スポンサーリンク

中々スピードUP方しない人へ!ツーバス(ツインペダル)連打の注意点!

ツーバス

原因を知ってピンポイントでスピードUP対策!

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

ツーバス(ツインペダル)の高速連打を踏めるようになりたいと思い日々精一杯頑張っているのに思うように結果が出なかったら焦りやストレスが募って行きますよね。
僕も経験があるのでよくわかりますがこの様な状態が続いたらドラムプレイに自信が持てなくなりますし「本当に上手くなっていくのだろうか?」という不安が先行してしまいモチベーションの低下に繋がってしまうかもしれません。
「めちゃくちゃ練習しているのに成果が中々上がらない」という人は今の練習メニューや踏み方、考え方を見つめなおすと良い方向へ進んでいけるかと思います。

という事で今回は連打のスピードUPに対して成果が上がらず苦しんでいる人の為に僕自身の経験をもとに改善策や考え方をいくつかご紹介します。
それではレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】中々スピードUP方しない人へ!ツーバス(ツインペダル)連打の注意点!

出来ない原因① 高速連打に適した踏み方になっているか?

高速連打を自在にコントロールする為には当然ですがそれ相応の奏法や感覚を身に着ける必要があります。
僕の過去動画でも幾度となく取り上げているので知っている人も多いかと思いますが改めて高速連打の踏み方について触れておくと、
その1が「重心がブレないように気を付ける事」
その2が「打面にビーターがヒットする事によって発生したリバウンドを利用する事」
その3が「ペダルの動作に沿って貧乏ゆすりの様な伸張反射を利用した細かい動作でフットボードを蹴り返す事」
その他にも椅子の高さや座る位置、椅子とペダルの距離など様々な要素が重なり合い高速連打は可能になります。

ザックリ奏法についての解説を聞くとそこまで難しいようには思えないかもしれません。
しかし、奏法の基礎知識を頭に入れる事は造作もありませんが演奏を可能にするための感覚を身に着けることは非常に険しい道です。

「重心をブラさないようにする」と言われても「重心」を明確に把握してコントロールするというのは難しいですし「リバウンドコントロールをマスターする」という事に関しても毎回同じリバウンドが発生するのであれば良いのですがフットボードを蹴る力加減でもリバウンドの強弱は異なりますし打面の張り具合やバスドラム内に入れるミュート、ウエイトやスパーの伸ばし具合によるバスドラムの角度でも異なるのでマスターするまでには様々なリバウンドに対応できる筋感覚を身に着ける必要があるなど1つ1つの項目にそれぞれ難しい要素が詰まりまくっています。

利き足であれば短い時間で出来てしまう人もいるかもしれませんが、
連打を行うので当然逆足でもそれなりに動作出来る必要がありますしオルタネートになってからも様々な壁が立ち塞がります。

どんなに才能あふれる人でも多くの練習時間が必要になるテクニックだと思うので「練習をコツコツと継続していく事」が1番大切だと僕は思います。
「早く成果を出したい!」と考える気持ちもわかりますが中々短期間での習得は難しいです。

これまでに高速連打を可能にするような動作を積み重ねてきた人であればすぐに出来てしまう人もいるのかもしれませんがそんな人は見たことがありません。

「練習をコツコツと続ければ良い」と言っても足全体の筋肉を固めた筋力主体の奏法での演奏では一向にスピードは上がらないかと思うので「高速連打を踏むための奏法にご自身の奏法はなっているか?」という事を意識しつつ徐々に高速連打への感覚を習得していきましょう。

出来ない原因② 疲労によるパフォーマンスの低下

ツーバス(ツインペダル)の高速連打の練習というのは脱力やリラックスが大切とは言えど慣れない内は筋トレと同様に筋肉繊維を傷つけてしまうものです。
それが故に疲労も溜まりますし激しい練習の直後は誰でもパフォーマンスは低下してしまいます。
以前よりも高いパフォーマンスを発揮してスピードUPしていくためには適切な休息を挟み傷つけられた筋肉繊維を回復させなければいけません。

しかし、練習が上手くいかなければいかない程に過剰なトレーニングを長時間行ってしまいトレーニングと休息のバランスが崩れてしまうという事は良くあります。
僕も過去に「早くスピードUPしたい!」「こんなに休息をとってパフォーマンスが下がったらどうしよう」等と考えるあまりにこの様なオーバーワーク状態になってしまっていた経験があります。

この記事を読んで下さっている方の中にもこのようなネガティブな感情に悩まされている方がいるのではないでしょうか?

そんな時はツインペダルに一切触れない休息日を作る事をおすすめします。
期間は1日から1週間ほどで明らかに体に異常をきたしている時は2週間、3週間と期間を伸ばしても良いかと思います。
ネガティブな精神状態のまま無理なトレーニングをし続けると最悪の場合大きな怪我を誘発してしまう可能性があります。

そうなってしまってはツインペダルはおろかドラムに数か月から年単位に渡り触れることが出来なくなってしまいますので練習時に不安やイライラが先行してしまう人や筋肉痛が長引いて中々完治しないという状態の人、練習中に疲れやすさを感じる人は必ず休息日を作るようにしましょう!

無理な練習では繊細な動作を求められる連打のスピードは上がっていきません。

オーバーワークの原因として練習メニューの偏りも考えられます。
例えば連打の練習に固執しすぎてしまうと当然連打に必要な筋力は消耗していきますし負荷をかけ続ける事になるので関節痛の原因にもなります。
それに加えて同じ練習メニューばかりを行い成果が出ない時期が続くとメンタル的にも良くありません。

なので例えばリバウンドコントロールの感覚をより強化したければ日頃から行っている連打の練習メニューから離れてフットペダルのスプリングを外して片足ずつ演奏していく練習や片足でのダブルやトリプルの練習に切り替えるなどをして別の練習内容を行っているのに結果として連打の向上に結び付く練習メニューを組んでいく様にしていきましょう!

僕も連打が思うように伸びない時は「好きなバンドのブレイクダウンフレーズの練習」をしたり「体幹トレーニング」等を行うなどをしてメンタル面をリフレッシュさせつつ連打の向上を目指していました。

練習メニューの偏りは意外と上達していかない要素を多く含んでいるのでスピードUPに悩んでいる人ほど必ず確認してみて下さい!
もしかしたら良い結果に繋がるかもしれません。

最後に

いかがだったでしょうか?
日常的なトレーニングでの疲労の蓄積は恐ろしくて回復していく力は徐々に弱まっていきます。
しかも筋肉の成長は止まりパフォーマンスは低下するので良い事は一切ありません!
不安になってしまう気持ちもわかりますが心身ともに良い状態じゃなければ目標のスピードに到達する事は難しいです。
練習のし過ぎで成長がストップしてしまっていることもあると思うのでご自身のお体と相談をしながら無理のない練習メニューを組んでいきましょう!
体を休める事も練習の1つです。

コメント