スポンサーリンク

このバンドを聴け!講師が選ぶメタルコア系バンドでツーバス(ツインペダル)をレベルUP!

ツーバス

テンション爆上がり!超おすすめメタルコア系バンド

皆さん、こんにちは!
ドラム講師の石原健人です。

今回は「メタル初心者」の方にも自信を持ってお勧めできる「メタルコア」系バンドを3つピックアップしてご紹介します!
「メタルコア」というのはその名の通りヘヴィメタルやハードコアから派生した音楽ジャンルで激しいギターリフやツーバスの連打、そして超ヘヴィなブレイクダウンが特徴です。

メタルコア系フレーズは練習していて楽しいですしツーバス(ツインペダル)系テクニック向上にはピッタリです。
これからご紹介するバンドは1度聴けば「うおおおお!」とテンションが爆上がりする様なバンドばかりなので是非とも最後までお付き合いください!

それではレッスンスタートです。

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】このバンドを聴け!講師が選ぶメタルコア系バンドでツーバス(ツインペダル)をレベルUP!

Bullet For My Valentine

1つ目のバンドはBullet For My Valentineです。
Bullet For My Valentineは1998年に結成したウェールズ出身のメタルバンドで2005年の「サマーソニック」出演をはじめ日本でも数多くのライブを行う超有名バンドになります。

Bullet For My Valentineには代表曲である「Scream Aim Fire」の様な疾走感のあるスラッシュメタル曲も数多くあるので幅広い人の好みに刺さりやすいバンドだと思います!

さて、そんなBullet For My Valentineの2016年にリリースされた「Don’t Need You」からツーバス(ツインペダル)系テクニック向上フレーズをご紹介します。

Bullet For My Valentine – Don't Need You (Official Video)

こちらの譜面をご覧ください!

冒頭SEからバンドイン時のドラムパターンになります。
ボーカル、リードギターであるマシュータックの激熱なシャウトからはじまり超攻撃的なリフにと絡み合う事でこのドラムパターンのカッコよさは何倍にも膨れ上がります。

より詳しくこのパターンについて解説をすると手でのパターンは右手でクラッシュシンバルを4分音符で刻みつつ3拍目に左手でスネアを加えるというシンプルなパターンです。
足のパターンはストレートながら少し複雑なので先ずは音符の配置をしっかりイメージ出来るようにしましょう!

僕の場合、新たなパターンに出会った時は先ず声に出して口ずさみつつドラムパターンのイメージを掴むようにしています。
実際にバスドラムのパターンを歌ってみると「ドンドド ンドドン ウンドド ンドドン」「ドンドド ンドドン ウンドド ドドドド」と言った具合になります。

スネアも入れた方がイメージが掴みやすいという人は「ドンドド ンドドン タンドド ンドドン」「ドンドド ンドドン タンドド ドドドド」という風に歌っても良いかと思います。

人間は明確なイメージがないものを体で再現する事は不可能なのでこの工程は意外に重要です。
はじめから原曲通りのテンポで演奏する事は難しいと思うのでスローテンポで少しずつこのパターンに慣れていき時間をかけてスピードUPしていきましょう!

冒頭フレーズのみを覚えて実際に「Don’t Need You」に合わせてみるというだけでもテンションが爆上がりするはずです!
ギターリフとバスドラムが絡み合うこの様なパターンは演奏していて気持ちいですし楽しみながら練習に取り組めるます。

似たようなパターンで左手でのスネアの位置が2,4拍目に変更されたこちらのパターンにも挑戦してみましょう!
バスドラムの配置も先ほどに比べ微妙に異なるので演奏の際は注意が必要です。

只、スネアの位置が2,4拍に来た分疾走感は増しより攻撃的な印象を出すことが出来るので先程のパターンとセットで覚える事をおすすめします。

バスドラムの音符が複雑に配置されたパターンに馴染みのない人にとっては習得に苦労するとは思いますがその苦労に見合うカッコよさだと思うのでこれらのパターンをマスターしてライバル達に差を着けちゃいましょう!

SOILWORK

2つ目のバンドはSOILWORKです。
SOILWORKは1995年に結成されたスウェーデン出身のメタルバンドになります。
初期はデスメタルの要素が強かったSOILWORKですが近年はメロディックなサビを取り入れる等、様々なジャンルにおいて大きな影響を与えるバンドになっています。

僕はSOILWORKをしっかり聴き始めたのが2015年の「The Ride Majestic」なので比較的最近です。
なので遡って聴いたときの思った以上の音楽性の変化には驚いたことを覚えています。

さて、SOILWORKからはSworn to a Great Divideのフレーズを元にツーバス(ツインペダル)系フレーズを見ていきましょう!

Sworn to a Great Divide

こちらの譜面をご覧ください!

バスドラムの3連打を中心に構成されたフレーズとなっており「なんださっきよりもシンプルじゃん!」と感じる人もいるかと思いますがBPMが約206程とかなりハイスピードなドラムパターンになります。

3連打自体は単発であれば右足のダブルの間にワンポイントで左足を加える、連続であれば右足のみでの8分音符の連打の間に左足をタイミング良く加えていくという事を意識すればある程度のスピードUPは可能だと思います。

只、200超えとなると話は別です。コツコツとした練習が必要になりますのであきらめずにチャレンジしてみて下さい!

Sworn to a Great Divideにはこの様なトリッキーな手でのパターンとバスドラムの連打を組み合わせたパターンも登場するので普段の連打系トレーニングでは物足りないという人は挑戦してみると面白いかと思います。

As I Lay Dying

最後にご紹介するバンドはAs I Lay Dyingになります。
As I Lay Dyingはアメリカ出身のメタルバンドで日本では「アズアイ」と呼ばれる事でも有名です。

メタルコアの帝王と呼ばれるにふさわしい僕自身激推しのバンドの1つです。
ボーカルのティムが2013年に逮捕され一時は活動を休止していましたが2018年に復活しています。
2019年にリリースされたアルバム「Shaped By Fire」の完成度はすさまじく超テクニカルな演奏を求めている人は是非とも1度は聞いて欲しいアルバムです。

そんなAs I Lay DyingからはBlindedのフレーズを元にツーバス(ツインペダル)系フレーズを見ていきましょう!

AS I LAY DYING – Blinded (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

こちらの譜面をご覧ください!

基本的にはどのパターンも右足リードの意識で演奏が可能です。
ただBlindedもテンポが速いのでこれまでと同様にイメージ作りを念入りにしていきましょう!

参考にこのパターンのバスドラムの音符を歌ってみると「ドコドン ドコドン ドコドン ドコドン」「ドコドン ドンドコ ドンドコ ドンドン」といった感じです。

どうしても分かりにくいという人は音符を好きな言葉で置き換えた「シブヤ シブヤ シブヤ シブヤ」「シブヤ シンジュク シンジュク トーキョー」と言った感じで歌うのもありだと思いますw

このブレイクダウン系フレーズはバチバチの連打フレーズ後に来るのでセットで練習するとエクササイズ的にはかなり効果が期待できるものだと思います。
ハードルは高いですが出来る様になればツーバス(ツインペダル)の基礎能力はバッチリだと思うのでコツコツと練習に取り組んでいきましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?
今回は個人的に好きなメタルバンドをご紹介させてもらったわけですが皆さんの好きなバンドはあったでしょうか?
「聴いたことがないバンドがある」という方は是非とも1度聴いてみて欲しいです!
恐らくメタル好きの皆さんに刺さるバンドだと思います。

とは言えど好みは人それぞれ異なるかと思うので「おすすめのバンドがある」という方は是非ともコメントにて教えて下さい!

コメント