スポンサーリンク

踏めない人ってどんな人?ツーバス(ツインペダル)上達のコツ!

ツーバス

ツーバス(ツインペダル)が苦手な人の特徴!

ドラム講師の石原健人です。

「ツーバス(ツインペダル)の連打が中々上達しない!」という悩みを抱えている方必見!
今回は僕が今まで実際に見てきた「ツーバス(ツインペダル)に苦手意識がある人の共通点」をいくつかピックアップしてタイプ別に解説していこうかと思います。
現在進行形で悩んでいる方はひょっとしたら当てはまるかもしれないので是非とも最後までご視聴下さい。
それでは1つ目から見ていきましょう!

↓の動画でもこの記事内容を詳しく解説しています!

【ドラムレッスン】踏めない人ってどんな人?ツーバス(ツインペダル)上達のコツ!

均等な音符間で踏む事が出来ていない

これはツインペダル初心者の方から練習を積み重ねた中級者に多い悩みだと思います。
この悩みは「正確な連打を踏む感覚を頭と体に刷り込んでいく」以外に打開策はありません。

練習法は僕のYouTube上で頻繁にご紹介している「ドコドコ ドコドコ~」もしくは「しながわ しながわ~」と歌いつつその歌に連打を合わせていく練習が単純かつ迅速な結果に結びつくのではないかと思います。

クリックを持っていて16分音符で鳴らすことが出来るという人はカウントに合わせつつ連打を踏み進めて行くという練習でも問題ありません。
とにかく正確な連打を踏む感覚を覚える事が重要です。

正確な連打を作り出せない状態で練習を積み重ねるという事は「不安定な連打を踏む練習」をしてる事と同意なので必ず「正確な配置」というキーワードを頭に思い浮かべつつ練習していく様にしましょう!

ロングサイズの連打を踏んでいると突っかかるように止まってしまう

連打を踏んでいると足が急に静止したように動作が止まってしまうという悩みを抱えている人が多い様に思います。
僕が実際に見たこの悩みにぶち当たっている人の多くが連打を踏んでいくうちに足首が徐々と固まっていき常に足首が固まった踏み方に変化していくという状態になっていました。

足首を固めてしまうとスムーズな動作からはかけ離れてしまいます。

加えて足首を固めると足を落とすにも引き上げるにも大きな力を使う事になってしまい決して良い状態とは言えません。

只、ここで注意点なんですが「足首は柔軟でリラックスを心がけよう」と言われると軟体動物の様なうねうねした状態をイメージしてしまう人が多いかと思いますが僕はそれが正解だとは思いません。

「陸上競技においては足首関節を固めた方が高いパフォーマンスを発揮する」という意見があるように僕自身、足首関節はリラックスを心がけていますがダルダルのうねうねといった感覚では演奏していません。

しかし、足首を過度に固めると奏法が変わってしまい連打が止まるリスクが上がる事は確かなので練習を積み重ねる中で「足首関節の柔軟性はこんなもんかな?」といった絶妙な感覚を養いスムーズに連打を踏み進める事が出来る柔軟性の感覚をマスターしていく様にしましょう!

何年も練習しているのにレベルUPしない

この悩みは僕も過去にぶち当たりました。
当時、正直かなりの練習量を行っていた自信があったのでメンタルはかなりやられていた様に思えます。

もちろんブログや動画などで「リバウンドコントロール」や「スウィベル奏法」の存在は知っていましたがあの時の僕は「自分の踏み方で連打のクオリティを上げてやる」という気持ちがめちゃくちゃ強かったです。

しかし、こだわりが強い割に自分自身がどの様な動作で踏んでいるのか?」「何故、スピードが上がらないのか?」「そもそもスピードが上がる動作とは何なのか?という事を全く考えることなく練習を行っていました。

SNSでメジャーリーガーであるダルビッシュ有選手がツイートしていたことで有名な「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ」という内容がドンズバでした。
先程も少し話を出しましたが自分自身の動作に目を向けず明確なイメージがないまま練習をし続けると仮にご自身の奏法が「連打ないし高速連打に適さない踏み方」だったとしたら「そんな奏法で無理矢理」練習を積み重ねてしまっている可能性がありますよね?
このまま練習を積み重ねるという事は無理をしている分スピードUPには中々結びつきませんし最悪の場合大きな怪我の誘発に繋がります。
という事は当然遠回りをしているわけなので「成長の速度が遅い、中々イメージ通りスピードUPしない」というのは必然です。

只、これは非常にデリケートな問題でそう簡単にご自身の奏法をガラッと変える事は非常に難しい事だと思います。
僕も得た情報をホイホイと自分自身に落とし込み続けられるのであればツーバス(ツインペダル)の連打習得に7年も8年もかかっていません!

こだわりが強いというのはそういう事ですよねw

全てを受け入れ実践するのは難しいので僕の場合「自分の奏法に落とし込めそうな内容」を探し実践するようにしました。
最初は違和感でストレスを強く感じながらの練習になりましたが、
1つクリアするごとにツーバス(ツインペダル)に対しての視野が広がり結果的に高速連打をはじめ様々な奏法での連打が出来るまでにレベルUPする事が出来ました。

なので1つずつで良いのでご自身の奏法に加えられる情報を取り入れ練習に取り組んでみて下さい!

絶対にあきらめない事

これらのテクニック習得は何年かかろうとも習得出来ればいいわけです!
なのでツーバス(ツインペダル)の連打に関わらず「諦めの悪さ」というの非常に重要だと僕は考えています。

7年、8年(実際はもっとかかっているかもしれませんw)そんな長い時間を連打の練習に費やしてしまったので内心「時間かかりすぎたなぁ」「オレって実は向いてなかったんじゃ?」
と思ってしまう事もありますが諦めなかったおかげで考える事を覚え演奏が出来る様になっていきました。

諦めさえしなければレベルアップのチャンスは必ず訪れると僕は信じています!
なので「諦め悪く」練習に向き合っていきましょう。

僕自身、あきらめが非常に悪いので生徒さんのレベルUPを諦める事は絶対にありません。
もちろんブログ、YouTubeでもそのメンタルを持って動画作成をしていくつもりなのでこれからもどうぞ当チャンネルをよろしくお願いします!

最後に

いかがだったでしょうか?
早急に結果を出したいと考えるのであればやはり誰かに習う事が1番の近道だと思います。
しかし、様々な理由で誰もがドラムレッスンを受けることが出来るわけがないという事も重々承知しているつもりです。
なので「出来る人と自分は何が違うのか?」と常に思考を重ねて練習をしていけば効率は何倍にも膨れ上がります!
僕もツーバス(ツインペダル)はほぼ独学で掴んだテクニックで思考する事をはじめてから目に見えて成果が上がりだしたので是非ともこの記事でご紹介した事をご自身の練習に生かしてみて下さい!

コメント